FIFA汚職

田嶋副会長、FIFA会長選でAFC一本化 日韓W杯招致で南米連盟「資料ない」

 日本サッカー協会の田嶋幸三副会長は12日、バーレーンでのアジア・サッカー連盟(AFC)理事会を終えて成田空港に帰国。国際サッカー連盟(FIFA)の次期会長選前にアジアで支持する候補者を一本化する方針を確認したといい、「前回はブラッター会長を押すと決めた。同じようなことを行おうとしている」と話した。

 また、2002年ワールドカップ(W杯)日韓大会招致に絡み、日本から南米連盟に150万ドル(約1億8500万円)が渡ったと、スペイン紙が報じた件で、調査依頼した南米連盟から「資料がなく、確認できない」と回答があったことを明かした。日本協会は疑惑を否定している。

会員限定記事会員サービス詳細