里山を歩く

関西で有名な心霊スポット「深泥池」…実は貴重な「トンボの楽園」だった

【里山を歩く】関西で有名な心霊スポット「深泥池」…実は貴重な「トンボの楽園」だった
【里山を歩く】関西で有名な心霊スポット「深泥池」…実は貴重な「トンボの楽園」だった
その他の写真を見る (1/5枚)

 深泥池といえば、関西では心霊スポットとして有名かもしれないが、「学術的に貴重な池」でゆっくりと散策も楽しめる。

 世界遺産・上賀茂神社と宝が池公園に挟まれた緑の多いエリアに深泥池はある。

 池の周囲は約1.5キロで北東側の一部を除いて、ほぼ歩いて一周できる。南側の岸辺に近づくと、ひらひらと独特なリズムで飛びまわるトンボがいた。

 青紫の羽の先端が透けており、チョウトンボと分かった。各地で減少が伝えられるチョウトンボが、市街地に隣接する都会の池に無数にいるとは驚きだ。胴体が赤いショウジョウトンボや、黄や青の色鮮やかなイトトンボも。

 京都市によると、深泥池で生息が確認されているトンボは50種以上という。日本に分布するトンボは約200種で、深泥池だけで約4分の1が生息していることになる。まさに「トンボの楽園」だ。

 深泥池の成り立ちは14万年前後とされ、氷期からの動植物が現存し、生物群集全体が国の天然記念物となった。

 この池の大きな特徴のひとつが、池全体の約3分の1を占める浮島の存在だ。枯れた水草が池の中で堆積し、湿原を形成している。

 京都大大学院人間・環境学研究科の西川完途准教授(生物学)は毎年2回、深泥池の両生類などの調査を続けているという。今年4月には特別に京都市の職員らとボートで浮島に渡った。

会員限定記事会員サービス詳細