花田紀凱の週刊誌ウォッチング〈522〉

韓国に「信義」を期待するほど愚かなことはない…「文春」の「韓国裏切りの『世界遺産』全内幕」

「明治日本の産業革命遺産」として韮山反射炉の世界遺産登録から一夜明け、現地には多くの観光客らが訪れた=6日午前、静岡県伊豆の国市の韮山反射炉(宮崎瑞穂撮影)=本文とは関係ありません
「明治日本の産業革命遺産」として韮山反射炉の世界遺産登録から一夜明け、現地には多くの観光客らが訪れた=6日午前、静岡県伊豆の国市の韮山反射炉(宮崎瑞穂撮影)=本文とは関係ありません

 これはもう『週刊文春』(7月16日号)の結論に尽きる。

 〈かの国に「信義」という言葉を期待するほど愚かなことはない〉

 「明治日本の産業革命遺産」の登録問題。『文春』のトップ「これは安倍政権の外交敗北だ! 韓国裏切りの『世界遺産』全内幕」を読むと、そう思わざるを得ない。

 韓国側は官民挙げてなりふり構わぬ反対運動を展開。まず、2月にユネスコ世界遺産センターや専門家組織ICOMOSにA4用紙20枚にわたる反対の公文書を送付。

 〈(世界遺産の)リストに記載されるなら、それは選考方法がいい加減で、世界遺産条約とそのシステムが破綻していることを意味する〉

 5月には、訪韓したユネスコの事務局長に朴槿恵大統領自ら〈登録反対の意志を伝え〉、6月には世界遺産委員会の副議長国セネガルの大統領と会談。

 〈日本への支持を表明していたセネガル大統領は朴大統領と経済協力で一致した後、一転、反対の立場に回った〉

会員限定記事会員サービス詳細