米国でニューヨーク証券取引所、ユナイテッド航空などコンピューター障害相次ぐ

 【ニューヨーク支局】米CNNによると、ニューヨーク証券取引所やユナイテッド航空などで8日、コンピューターシステムのトラブルが相次いだ。関連性は不明。

 ニューヨーク証券取引所では8日午前、トラブル発生を受けて全ての取引が止まった。技術的な問題が原因とみられる。米国土安全保障省は「サイバー攻撃の兆候はみられない」としている。ナスダック市場などでの取引は通常通りに行われているもよう。

 ユナイテッド航空も同日、1時間以上にわたって全米規模で運航を停止、数百便に遅れが生じた。米連邦航空局はコンピュータートラブルが原因とみている。ユナイテッドでは先月にも大規模な運航見合わせがあった。

 このほか、米紙ウォールストリート・ジャーナルのウェブサイトも一時、システム障害で閲覧ができなくなった。

会員限定記事会員サービス詳細