【外信コラム】ベルリン物語 「前代未聞の審査」(1/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

外信コラム

ベルリン物語 「前代未聞の審査」

 5日朝、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会が開かれたドイツ西部ボン。日本が推薦した「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産登録を決める審査を午後に控え、日本側代表団の関係者が言った。「前代未聞の審査になる」。耳を疑ったが、後から振り返ると確かに極めて異例の経過をたどった。

 委員会の審査では通常、推薦対象の案件が紹介された後、希望した委員国が発言して議論を行う。登録を支持する国はそう意向を述べ、「登録を祝福する」といった祝辞も語られる。

 だが、この件では日韓がぎりぎりで合意したと議長が説明した上、「議論はしない」と表明。決定文の修正を提案した議長国ドイツと、登録決定後の日韓以外からは発言がなかった。登録決定時に拍手は起きたが、他案件の審査のように他国の関係者が推薦国の席に集まり、祝福する場面もなかった。