3Dプリンターで肝臓模型 筑波大など28年度までの実用化目指す

 筑波大と大日本印刷は8日、筑波大付属病院(つくば市)で記者会見し、肝臓の内部構造が把握しやすい立体模型を、3Dプリンターで作製する手法を開発したと発表した。血管や腫瘍を再現しており、手術の手順確認や患者への病状説明に役立つという。臨床研究を進め、平成28年度までの実用化を目指す。7

 立体模型は、患者のCT(コンピューター断層撮影)で得た画像を、三次元の画像に変え、そのデータを3Dプリンターに入力して作製した。内部はほぼ空洞になっており、血管がどのようにめぐっているかなど、さまざまな角度から確認することができる。

 臓器の模型は過去にも作製され、医師の研究などで活用されているが、内部構造が見えにくいことが課題となっていた。費用面でもこれまで30万~40万円程度かかっていたのが、新たに開発された模型だと、約3分の1で済むという。

 筑波大医学医療系の大河内信弘教授は「2、3年目の若い外科医でも理解しやすく、より安全で確実な医療を実現する上では価値がある」と話している。

 今後は、膵臓(すいぞう)や心臓に関しても模型の開発を検討するという。

会員限定記事会員サービス詳細