12歳アイドル卒倒「ヘリウム事故」で何がおきていたのか…学会も注意喚起

ヘリウムガスを吸引した事故の主な例。12歳アイドルの事故では一時意識不明になった
ヘリウムガスを吸引した事故の主な例。12歳アイドルの事故では一時意識不明になった

 無色、無臭、無毒のヘリウムガスで今年1月、深刻な事故が起きた。BS朝日の番組収録中、声を変えるパーティーグッズのスプレー缶を吸引したアイドルの少女=当時(12)=が約5秒後に卒倒、全身けいれんを起こした。日本小児科学会は、脳の血管内で血の流れが妨げられる「脳空気塞栓(そくせん)症」を発症したことなど、事故の詳細を公表。「使い方を誤ると、また同じ事故が起きる可能性がある」とし、子供に使わせないよう注意を呼びかけている。少女の身体の中で、一体何が起きたのか。

韓国製、100均の商品だった…「脳空気塞栓症」って?

 番組で使用されたのは、100円ショップ「ザ・ダイソー」の商品だった。ヘリウム80%、酸素20%の混合ガスで韓国製。成人向けのグッズで「大人用」と表示されていた。

 ダイソーを展開する大創産業は今回の問題を受け、2月には商品の販売を中止した。広報室によると、およそ10年間の販売実績の中で同様の事故報告はなかったという。

 日本小児科学会こどもの生活環境改善委員会の安炳文(あん・びょんむん)医師によると、最初にダメージを受けたのは少女の肺。ヘリウムを含むガスを吸って膨らみ切ったところに、さらにスプレー缶から排出されるガスの圧力がかかり、肺胞が破裂した。

 損傷を受けた肺胞周辺から血管へとガスが流入。その結果、脳空気塞栓症を発症し、意識障害を引き起こしたとみられている。