スゴ技ニッポン

鉄道貨物復権に期待 イオン、JR貨物が専用列車で商品配送 トラック不足と環境対応

 5月21日、神奈川県平塚市での説明会には、企業の物流担当者約30人が参加。JR貨物の営業担当者が「おおむね500キロメートルを超える輸送なら、トラックよりも価格面で優位に立つ可能性が大きい」などとアピールした。東京都内の調味料メーカーの担当者は「新興国の需要拡大で、海外からの原材料費も値上がりしている。価格競争力維持の面でも鉄道利用は有効かもしれない」と期待を寄せる。

 同じ貨物を同じ距離運んだ場合、CO2排出量は、鉄道はトラックの9分の1とされ、環境に優しいイメージが強いが、それだけでは荷主は納得しない。

 鉄道貨物の現場では長年、12フィートコンテナが使われてきたが、物流現場ではトラックの大型化が進んだ。このため、鉄道利用への転換には、積み込みや積み卸し作業が必要となり、荷主の多くが鉄道利用を躊躇(ちゅうちょ)した。またかつては貨物駅で行き先ごとに貨車を付け替え輸送時間がかかり、「鉄道は使いづらい」とされていた。

会員限定記事会員サービス詳細