トレンド日本

「ソイチェックで大ショック!」…広がる体質検査で落胆も 「あくまで目安のひとつに」と専門家

【トレンド日本】「ソイチェックで大ショック!」…広がる体質検査で落胆も 「あくまで目安のひとつに」と専門家
【トレンド日本】「ソイチェックで大ショック!」…広がる体質検査で落胆も 「あくまで目安のひとつに」と専門家
その他の写真を見る (1/3枚)

 自分の体質を手軽に調べる検査が広がっている。遺伝子検査サービスだけでなく、最近では、腸での代謝の個人差から、女性ホルモンに似た働きをする物質が体内で作られているかどうかを調べるサービスも登場。自分のカラダの調子に敏感な女性たちの注目を集めている。「結果にがっかり」というケースもあるが、専門家は「診断ではない。生活見直しの目安」と話す。(村島有紀)

「女性として否定された…」

 「ダイエットのため2年前から毎日の牛乳を豆乳に代え、納豆を週2、3回食べていたのに、『つくれていない』という結果で、とてもショックでした。女性としての機能を否定されたような気がした」と暗い表情で話すのは、東京都練馬区の主婦、田中悦子さん(45)=仮名。

 田中さんが3月に検査したのは、株式会社ヘルスケアシステムズ(名古屋市千種区)の「ソイチェック」(4104円)。ソイチェックは、大豆食品を食べると、大豆に含まれる成分イソフラボンが腸内細菌によって変換、生成される物質「エクオール」の量を調べる検査。エクオールは、女性ホルモン「エストロゲン」と似た働きを持ち、ホルモンバランスを調えるほか、骨密度の低下のリスクを下げるといった研究報告があるため、女性の関心が高い。

会員限定記事会員サービス詳細