現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

プーチン氏の年内招待は妥当か 新潟県立大学教授・袴田茂樹

プーチン大統領は6月19日、北方領土問題に関し「全ての問題は解決可能」と発言し、わが国の期待を高めた。6月24日、安倍晋三首相と大統領が電話会談をし、一部マスコミは「プーチンの年内来日確認」と報じたが、公式的には「確認」とは発表されていない。ただ、日本政府はこの件では米国と対立してでも、プーチン大統領の年内訪日を実現しようとしている。今日の国際情勢の下、この対露戦略は正しいのか。

北方四島の軍備は日本向け

独でのG7サミットが終わった6月8日に、露のショイグ国防相は極東を視察し、択捉、国後などの軍備建設速度を2倍にするよう命じた。これについて主要露紙は「国防相がクリール守備隊にこれほど注意を払っているのは、日本による島の返還要求や軍事費増額と関連している。…必要なら軍事防衛するつもりの南クリール(四島)の帰属問題については、露は以前と同様、日本との交渉は望んでいない」と報じた(『独立新聞』6・10)。露が四島への最新軍備配備を「日本向け」と報じたのは初めてだ。このような露の力の政策に対し、欧米は最近対露姿勢を一層厳しくした。

ランキング

  1. 【国防解体新書】(2)敵の政治指導者を翻弄 「認知戦」が始まった 社会部編集委員・半沢尚久

  2. 【主張】誤給付問題 町も法も時代に追いつけ

  3. 【緯度経度】韓国新政権の歴史的決断 黒田勝弘

  4. 【主張】ミャンマーの混迷 危険への歩み見過ごすな

  5. 【正論】杉原千畝は有名なのに…樋口季一郎中将はなぜ忘却されたのか 新潟県立大学教授・袴田茂樹

  6. 【野口健の直球&曲球】栗城史多さん、1つぐらい諦めてもよかったのに…

  7. 【産経抄】5月21日

  8. 【国防解体新書】(1)統合司令部の創設急務 離島侵攻一歩も動けず… 社会部編集委員・半沢尚久

  9. 【主張】小6女児の自殺 SNS教育を総点検せよ

  10. 【産経抄】10月2日

会員限定記事