箱根山噴火活動

「小規模な噴火が発生」 噴火警戒レベル3に引き上げで気象庁

蒸気を噴き出す大涌谷=30日午前、神奈川県箱根町(川口良介撮影)
蒸気を噴き出す大涌谷=30日午前、神奈川県箱根町(川口良介撮影)

 気象庁は30日、噴火警戒レベルを3(入山規制)に引き上げた箱根山(神奈川、静岡県)について、「大涌谷(おおわくだに)でごく小規模な噴火が発生したものとみられる」と発表した。

 気象庁は「大涌谷周辺の想定火口域から700メートル程度の範囲まで影響を及ぼす噴火が発生する可能性がある」として、噴火に伴い弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒するよう呼びかけている。

 神奈川県温泉地学研究所と気象庁は30日に現地調査を実施。大涌谷で29日に確認した新たな噴気孔の周囲で、29日の調査では確認できなかった火山灰などの噴出物の堆積による盛り上がりを確認したという。また、ロープウエー大涌谷駅付近で降灰を確認した。

 これらのことから、気象庁は大涌谷でごく小規模な噴火が発生したと判断、噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引き上げた。