乳製品、国内生産回復が急務 酪農家の減少止まらず - 産経ニュース

メインコンテンツ

乳製品、国内生産回復が急務 酪農家の減少止まらず

 酪農家団体の全国組織、中央酪農会議は30日、全国の酪農家を対象に平成26年度に実施した調査で「後継者がいない」との回答が40・7%に上ったことを明らかにした。19年の前回調査から12ポイントの上昇。大阪市内で記者会見した内橋政敏事務局長は、農林水産省がバターの不足解消のため追加輸入を決めたことに関して「乳製品の国内生産回復は喫緊の課題。輸入に過度に依存するのは好ましくない」と述べた。業界では人手不足解消のため搾乳ロボット導入などを進めているという。