給食の牛乳を廃止 新潟・三条市 別の「ドリンクタイム」で提供

 新潟県三条市の教育委員会は30日、9月から市内の小中学校全30校で、牛乳を給食の献立から外すと決定した。牛乳からの栄養摂取は必要だとして、給食とは別に「ドリンクタイム」を設けて提供する。

 三条市は平成20年度から完全米飯給食を採用。保護者から「ごはんに牛乳は合わない」などの声があったことを受け、昨年12月から今年3月まで試行的に牛乳提供を停止していた。

 同教委に報告された検証結果では、牛乳を外した給食で、懸念されていたカルシウム不足は、必要とする摂取量を満たせたとする一方、代替食材の種類が限られるため献立の研究は今後も必要などとした。

 ドリンクタイムに関しては可能な限り午前中の休み時間などを活用し、時間設定は各校の判断に任せる。献立に汁物がない日はドリンクタイムを設けず、給食でパック入りのお茶を提供するとしている。長沼礼子教育委員長は「ドリンクタイムの設定は、子供たちのためにはいいかもしれない」と評価した。

 学校給食から牛乳を除外したケースについて、文部科学省学校健康教育課は「把握していない」としている。

会員限定記事会員サービス詳細