日本電産のファン感謝デー「孫さんに学んでいます」カリスマ経営者との問答で沸く株主総会

「リストラ人材採用は社会貢献だ」

 男性株主「宇宙産業にモーターを進出されるご予定は」

 永守社長「すでにロケットにもうちのモーターが使われています。とにかく、動いているものなら何でもうちのモーターが使われていると思っていただいて間違いない。我々は年間30億個以上のモーターつくっているわけですから。飛行機もモーターで飛ぶ時代が来ます。ガソリンやエンジンはみんななくなって全て電動化する。ぜひ株をずっと持っていただきたい。うちの株を売ったり買ったりしたらダメなんです」

 男性株主「日本電産は平均勤続年数が10・6年とちょっと短い」

 永守社長「単体でみておられますが、グループでは16万人もおるわけですからね。会社の成長が早いんです。この1年でソニー、パナソニック、三洋電機、シャープ、この4社から部長級100人採用してます。勤続年数が長い会社は伸びてないということですわ。さらに毎年何百人という新人社員を採用してますから。途中も何百人採用している。我が社の弱さは高年齢が少ない。どうしても外部から採用してます。リストラにあった人を採用するのは社会貢献ですから決して悪いことではない」

片山氏登用「ご安心を」

 女性株主「シャープの片山さんをお迎えになりましたね。社長の眼力にはどう映ったのでしょうか」

 永守社長「シャープの問題は新聞、雑誌でいろんなことが大変書かれておってですね。日本の社会の悪いところはそこですわね。日本の社会はいっぺん失敗すると袋だたきにたたく。人の不幸は蜜の味みたいな感じでね。私は、彼は非常に有能な人物だとみている。少しね、シャープで失敗したというのはあるでしょう。しかし1回の失敗が人生の終わりと考えるのはいかがなものか。アップルのスティーブ・ジョブズ氏は大失敗して会社を追われたんですね。もう1回帰ってきて今のアップルをつくりあげたんですから。そういうチャンスを日本の社会は与えないかん。私は必ず、今日役員に選任いただいたら、日本電産の将来に大きな役割を果たしてくれるとみている。自信を持ってほしい。世間の新聞、雑誌の内容はほとんど嘘です、あれは。そんな人を私がとるわけがありません。ですから、ご安心ください」