防衛最前線(34)

空中給油機KC767 6メートルの絆で戦闘機に燃料と「安心」を供給

【防衛最前線(34)】空中給油機KC767 6メートルの絆で戦闘機に燃料と「安心」を供給
【防衛最前線(34)】空中給油機KC767 6メートルの絆で戦闘機に燃料と「安心」を供給
その他の写真を見る (1/2枚)

 航空戦では戦闘機の滞空可能時間が長いほど戦局を有利に進めることができる。戦闘機の性能で差をつけるのには限界もあり、飛行中の戦闘機に燃料を供給する空中給油機の存在がモノをいう。

 航空自衛隊の「第404飛行隊」は日本で唯一の空中給油部隊だ。平成21年3月に小牧基地(愛知県)の第1航空輸送隊に新編された。誕生から6年という若い部隊だが、「日本の防空作戦の選択肢を大きく広げる可能性を秘めている」(航空自衛官)との期待を集めている。

 部隊の主力機は空中給油機「KC767」だ。現在、4機を運用している。米ボーイング社の旅客機「767-200ER」をベースに開発され、機体後方に給油ブームなどの空中空輸システムを装備している。航続距離は、航空自衛隊の輸送機の中では政府専用機に次ぐ7200キロ(30トン積載時)を誇る。

 KC767を運用しているのは航空自衛隊とイタリア空軍のみ。空中給油機は他にも米空軍の「KC135」や「KC10」などがあるが、KC767は空中給油機として世界初の遠隔視認装置を採用。機体底部の5台のカメラを使い、操縦席後部に位置する操作卓で給油口から伸びる長さ約6メートルのパイプの位置を確認しながら、戦闘機への給油を行う。

会員限定記事会員サービス詳細