夜の政論

「私こそ日本流保守!」吠える民主・枝野氏、自分を必要とする時代が…「いや応なく東京五輪は民主政権」

 とはいえ、安保政策は国家運営の基本。日本をどう守っていくのか、審議では民主党のビジョンも問われるはずだ。中国の軍拡と海洋進出路線などを考えれば、反対一辺倒を唱えるのは、ちょっと無責任ではありませんか。

 「日本の安保政策でリアリズムを持つのは、北朝鮮と台湾海峡、ぎりぎりで南シナ海だと思うんですよ。そこに政府が中東・ホルムズ海峡などという日本の存立危機と関係ない案件を絡ませたのが諸悪の根源。仮に『日本を守るためだけに、どうしても国際法上の集団的自衛権の一部を認めざるをえない』などと、まともに提案されていたら、世論にどう説明するか、正直民主党はきつかったと思うんです。ホルムズ海峡のような案件が忍び込んだのは、この期に乗じて外交的ポジションを高めたい外務省の悪ノリですよ。罪深いと思いますね」

 ただ、集団的自衛権の是非を正面から議論しないのは、日本の安保政策そのものにとって不幸ではありませんか。

 「今問うべきは、憲法が認める個別的自衛権の外縁をどう埋めるか。首相がよく例に出す邦人輸送中の米艦防護も、本当に必要な範囲なら個別的自衛権で説明できます。自民党は『国際法上は集団的自衛権なのだから、憲法解釈の変更が必要』と言いますが、国内的に個別的自衛権と歯止めをかけておくことが重要なのです。安全保障のリアリズムでは、それこそが重要かつ十分ですよ」

 枝野さんが箸を置いて、話のスピードをあげる。