戦後70年

「カミカゼ・パイロットの子孫に会いたい」 父失った英元軍人が特攻隊員の遺族探す 「父と同じく勇敢だった…」

【戦後70年】「カミカゼ・パイロットの子孫に会いたい」 父失った英元軍人が特攻隊員の遺族探す 「父と同じく勇敢だった…」
【戦後70年】「カミカゼ・パイロットの子孫に会いたい」 父失った英元軍人が特攻隊員の遺族探す 「父と同じく勇敢だった…」
その他の写真を見る (1/2枚)

 【ロンドン=内藤泰朗】第二次大戦末期、日本近海で神風特攻隊の攻撃を受け父親を失った英国人の遺族が、敵である特攻隊員の子孫を捜している。彼らに会って心から和解し、自らの「戦争」に終止符を打ちたいと思ったからだ。多くの人が犠牲となった大戦の終結から70年の今年、互いの国のために戦った世代に敬意を表し、一緒に平和を祈る友になりたいと願っている。

 「カミカゼ・パイロットの子孫に会いたいと思うまでには、いくつか不思議なことがあった」

 英海軍の退役軍人、デービッド・ヒンキンズさん(70)は英中部ノースウィックの自宅で、こう語り始めた。

 父親のジョージさんは、乗艦していた英空母フォーミダブルが1945年5月9日、沖縄沖で特攻隊の攻撃を受けた際、死亡した。デービッドさんが生後約5カ月のことだった。

 父親に一度も会わずに成人したデービッドさんも英海軍に入隊。潜水艦乗りとなって中東方面に派遣されるなど忙しい日々を送っていた。結婚して2人の息子を授かるまでは「カミカゼについて考えたことはなかった」。

会員限定記事会員サービス詳細