投石被害、東北道30台 フロントガラスを破損 並走の一般道から? 栃木

 県警高速隊は16日、東北道宇都宮インターチェンジ(IC)-矢板IC間の上下線で15日夜、走行中のトラックや大型バスなど計30台が投石を受け、フロントガラスを破損するなどの被害があったことを明らかにした。けが人はなかった。高速隊は何者かが石を投げたとみて、器物損壊の疑いで捜査している。

                   ◇

 高速隊によると、投石被害は、15日午後7時ごろ~16日午前0時ごろ、宇都宮市今里やさくら市押上、塩谷町肘内にかけての約4キロの範囲であり、乗用車2台、大型トラック26台、中型トラック1台、大型バス1台の計30台のフロントガラスやボンネット、ミラーなどに石が当たり、フロントガラスのひび割れなどの被害があった。

 被害のあった区間は一部、一般道が並走、高さ1~1・5メートルの金網やガードロープが設置されている。石は高速道の両側から投げ込まれていたとみられ、現場に残っていた石は直径3センチ程度から人の拳ほどの大きさだった。高速隊は、何者かが一般道を移動しながら投石した可能性があるとみて調べている。

会員限定記事会員サービス詳細