ひなちゃんパパの家族レシピ

野菜をたっぷり使って「生春巻き」

生春巻き
生春巻き

暑い季節は台所で火を使うのがおっくうになりますね。僕も今のうちに、火を使わずに作れる料理のレパートリーを増やしておきたいな。

江上料理学院副院長の江上佳奈美先生に尋ねてみると、「生春巻き」を勧めてくれました。エスニック料理のお店で食べたことがあります。

「これを使うの」と江上先生が持ってきてくれたのはライスペーパー。その名の通り、練った米粉を薄く延ばして加工したものです。

「中の具材は冷蔵庫にあるものでOKよ。特に生野菜はたっぷり使うとシャキシャキとした食感が楽しめるわ」と江上先生。

エビだけは電子レンジで加熱しましたが、レタスやアボカドなどそのほかの材料は生のままで食べられるものばかりです。ライスペーパーは乾燥させてあるので1枚ずつ水で戻してから使います。両面を水にくぐらせ、エビとネギ以外の具材をのせてまずは一巻きします。中の具材が透けて見えるので、半分に切ったエビは赤い方を下にして並べ、ネギをのせてくるくると巻きます。

お~っ! 見た目は本格的に仕上がりました。たれは生春巻きの定番のスイートチリソースや、ナンプラー(魚醤)ソースにすれば本場の味に近づきますが、ポン酢しょうゆや、ケチャップとマヨネーズを混ぜたソースでもいいとか。

手づかみでかぶりつくと、もっちりとした皮とシャキッとした具材の食感が何とも言えません。