ひょうたん作品300点展示 秋篠宮さまご鑑賞 岡山市で全日本愛瓢会記念式典

 岡山市で11日、開かれたひょうたん愛好家らでつくる全日本愛瓢会(さいたま市)の創立40周年記念式典に、秋篠宮さまが出席された。秋篠宮さまの岡山県ご訪問は約3カ月ぶり。岡山市北区の御津国際交流会館で、全国の同会員が作ったひょうたん作品約300点を鑑賞された。

 会場には高さ約3メートルの大きな作品やダルマやフクロウを描いた作品などを展示。秋篠宮さまを案内した大西荘一・県支部長(68)は「ものすごく興味津々で、一生懸命ごらんになっておられた」と話した。

 秋篠宮さまから「これからもお元気で」などと声を掛けられた県支部最高齢の国信義雄さん(99)は「穏やかな方だった。『立派にできてますね』と言っていただけた」と笑顔を見せた。

 秋篠宮さまはその後、岡山理科大学(同区)の生命動物教育センターを視察し、同大学で開かれた40周年祈念式典に出席された。

 12日は、農耕や陶芸を通じて知的障害者の自立を支援するNPO法人たけのこ村(倉敷市)などを視察され、帰京される予定。

会員限定記事会員サービス詳細