安保法制

自民・谷垣氏「違憲判決出れば、防衛政策を組み立て直す」

 自民党の谷垣禎一幹事長は12日午前の記者会見で、集団的自衛権の行使容認を含む安全保障関連法案の成立後、仮に最高裁で違憲判決が出た場合には新たに安保政策を練り直す必要があるとの認識を示した。「そういう(最高裁判決を)前提に防衛政策を組み立てていかなければならない。当然だ」と述べた。

 また「国民の中で(安保法制整備による)抑止力を認めないような議論への賛同者は少ないと思う」とも語り、法案への理解は得られるとの考えも強調した。

会員限定記事会員サービス詳細