亀岡典子の恋する伝芸

名人に聞く 京舞井上流五世家元・井上八千代さん(下)カリスマの四世を目指しつつ自分の舞を作っていく

もっと舞台の数は少なくてもいい!? 叔父が残した言葉の真意

 --ところで、これからの日本舞踊というのを考えたとき、習う人が減少し、それに従ってプロの舞踊家さんも減っていくなど、なかなか難しいところがあるように思えるのですが

 八千代 叔父の(片山)慶次郎が最晩年、私に言いのこした言葉なんですけど、「ものすごく舞台をしない方がいいんじゃないか」と。もっと舞台の数は少なくてもいいということを言ってくれたんです。私にしてみたら、こんな少ない人数で少ない公演数やったら、忘れられるばかりじゃないかとちょっとショックだったのですが、後でよく考えますと、叔父は「飽きるなよ」ということを言ってくれたのだと思います。「公演数が多くなって、(舞に)飽いた自分が見えたらいけない」ということだったのでしょう。ただ、今後は、静かな曲を舞うときと、物語性のある、動きのある曲を舞うときとコンスタントに考えて計画を立てながら公演を考えたいと思っています。

 --ご自身の舞に関してはいかがですか

 八千代 自分のものを作るということも含めて考えていかなきゃならないですね。今後は年齢的なこともあり、素踊りが多くなってくるように思いますが、自分のものをしっかり作っていきたいですね。