中国ネットウオッチ

大阪都構想にネットユーザーが羨望の眼差し 「これが民主主義か」「自治体の再編など政府の紙切れ一枚で決まるのに…」

「大阪都構想」をめぐる住民投票で否決が決まり、会見する大阪維新の会代表の橋下徹大阪市長。中国のネットユーザーの間でもその評価は分かれている=5月17日午後、大阪市北区(門井聡撮影)
「大阪都構想」をめぐる住民投票で否決が決まり、会見する大阪維新の会代表の橋下徹大阪市長。中国のネットユーザーの間でもその評価は分かれている=5月17日午後、大阪市北区(門井聡撮影)

 大阪維新の会代表の橋下徹大阪市長らが掲げた「大阪都構想」が僅差で否決された5月17日の住民投票に対し、中国のネットユーザーも日本の地方行政の話題ながらさまざまな反応を示した。「国内なら自治体の改編など政府の紙切れ一枚で決まるのに…」。自国の政治体制を引き合いに、住民投票で行政の重大方針が決まる日本への羨望をにじませる声もあった。(西見由章)

「これが民主主義」

 住民投票の報道に対するコメントでまず目につくのは、両国の政治体制の違いを実感する声だ。

 「行政区画と経済エリアの矛盾は中国にも国外にも存在する。その違いは国外(日本)では住民投票で解決し、国内は政府の各レベル間の駆け引きで決まるという点だ」

 「中国では自治体の合併なんて政府の紙切れ一枚で決まるのに」

 思い切った書き込みも削除されないまま残っていた。「これが民主主義だ。欧米式民主主義の弊害を強調する者がいるが、庶民は自分たちが生活の主人公になれることを願っているだけだ」