広角レンズ

街の書店、磨く仕入れ力 利益率向上へ「買い切り」も

 ミシマ社の三島邦弘代表は「人口増の時代は薄利多売でよかったが、そのモデルはすでに崩壊している。買い切り制を取れば、出版社側も本を仕入れてもらえないリスクは高まるが、本来それが商売として健全な関係。要は、それでも仕入れたいと思う本を作ればいい」と、意気込みを語る。

 書店側は、ミシマ社の試みをどう見るか。東京・下北沢で書店「B&B」を経営するブックコーディネーターの内沼晋太郎さんは「うちの店ではリトルプレス(ミニコミ誌)がよく売れており、そうした本を買い切りにする場合、利益率を高く設定できていた。一般書籍を扱うミシマ社が、リトルプレスと同条件で出したのは革命的」と歓迎している。

会員限定記事会員サービス詳細