軍艦島上陸計画

呆れる反日パフォーマンス 歴史を直視すべきは韓国ではないか?

 韓国こそ歴史を直視すべきである。

 世界遺産の登録にまで反対する朴槿恵政権の異常なまでの「反日」と歪んだ韓国司法の判断、それに踊る抗日団体が一体となった動きは、とどまることを知らない。

 「勤労挺身隊ハルモニと共にする市民の会」が来日し、軍艦島で世界遺産登録反対の声を上げようとして、空振りに終わった。

 ハルモニは韓国語で「おばあさん」のこと。戦時中、三菱重工業の名古屋軍需工場などで働いた元勤労挺身隊員や、その支援団体らが軍艦島を訪れようとした目的は明白だ。

 表向きは、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関が世界文化遺産への登録を勧告した「明治日本の産業革命遺産」を現地視察するためだという。

 だが、実際は、政治的なスローガンをハングルで記した横断幕を用意し、ドキュメンタリー映像の監督や、韓国の大手メディア記者を同行させようとした。朝鮮日報(電子版)によると、軍艦島で追悼行事も予定していた。彼らと接触した日本側団体の関係者に、警察庁が過激派と認定する団体の元メンバーがいることを、地元の公安筋が確認している。