女児わいせつ目的誘拐未遂の元巡査に猶予判決 前橋地裁

 当時小学4年の女児を誘拐しようとしたとして、わいせつ目的誘拐未遂の罪に問われた元群馬県警巡査、秋山暢大(のぶひろ)被告(24)の判決公判が5日、前橋地裁で開かれ、高山光明裁判長は懲役2年6月、執行猶予5年(求刑懲役2年6月)を言い渡した。

 判決理由で高山裁判長は「警察官の地位を利用し誘拐しようとした。わいせつ行為がしたいという動機に酌量の余地はなく悪質」とし、「社会秩序を維持すべき警察官という立場で犯行を決意したことは厳しい非難に値する」と指摘した。一方で「乗車を拒否した女児をむりやり連れ込んだりせず、その場から立ち去った。深く反省している」と執行猶予の理由を述べた。

 判決によると、秋山被告は1月15日午後、学校から帰宅した女児に「お父さんが交通事故に遭ったから、一緒に病院まで来てくれないか」と嘘を言い、わいせつ目的で車に乗せて誘拐しようとした。

 群馬県警は2月に未成年者誘拐未遂容疑で逮捕したが、前橋地検は3月11日、わいせつ目的誘拐未遂罪に切り替えて起訴。県警は同日、懲戒免職処分にしていた。

 被告側の弁護人によると、控訴はしない方針。

会員限定記事会員サービス詳細