まるでエイリアン! セガと佐賀が珍魚を使ったキャンペーン

まるでエイリアン! セガと佐賀が珍魚を使ったキャンペーン
まるでエイリアン! セガと佐賀が珍魚を使ったキャンペーン
その他の写真を見る (1/2枚)

 ゲーム機向けソフトやスマートフォンのゲームを手がけるセガゲームス(東京都品川区)は4日、同社の新作ソフトと、佐賀市でとれる珍魚を関連づけた同市との共同キャンペーンを行うと発表した。期間は5日から13日まで。

 11日に「プレイステーション4」向けソフト「エイリアン アイソレーション」を発売するのに合わせて、有明海のエイリアンと呼ばれる珍魚「ワラスボ」を関連づけた。内臓が透けて見える灰紫色の体で、歯がむき出しのワラスボがゲームに登場するエイリアンに似ていることと、セガと「佐賀」の音が近いことから、共同キャンペーンを行うことで合意した。

 飲食店「佐賀県三瀬村ふもと赤鶏」丸の内店など4店で実施され、ワラスボ料理を注文した客など抽選で20人に、このゲームソフトをプレゼントする。

 同市シティプロモーション室の南雲千寿(ちず)室長は、「これをきっかけに佐賀に興味をもってもらいたい」と期待をよせた。

会員限定記事会員サービス詳細