荻原博子の家計防衛術

資格取得に「教育訓練給付金」制度活用を 悪質勧誘には注意

 会社員なら、資格を取るために使ったお金を雇用保険から補助してもらえるかもしれません。

 これは「教育訓練給付金」制度です。厚生労働相指定の教育訓練講座を受講して修了したら、受講にかかった費用の20%(4千円以上、上限10万円)を戻してもらえます。

 例えば、簿記の資格を取るために20万円かかった場合、受講後に領収書と教育訓練証明書を発行してもらってハローワークに給付申請すれば、20%にあたる4万円が戻ってきます。

 通算で3年間以上雇用保険に加入していれば使えますが、初めて使う人は特別に、1年以上の加入でよいことになっています。また、1回使って受給しても3年たてばまた使えます。さらに、会社を辞めても離職後1年以内なら利用することができます。

 平成26年10月からは、従来の枠組みのほかに「専門実践教育訓練給付金」ができました。より専門的な知識を身につけるためのコースで、在職しながら通信教育を受けたり、会社を辞めて本格的に勉強したりする人には、訓練期間中、年間32万円を上限に、かかった費用の40%が支給されます。さらに、教育訓練終了後1年以内に就職した場合には、年間16万円を上限に20%が支給されます。訓練期間は最長3年です。

会員限定記事会員サービス詳細