映画オタク記者のここが気になる

樹木希林、カンヌをゆく 仏記者に「抱きしめたい」と言われ…

【映画オタク記者のここが気になる】樹木希林、カンヌをゆく 仏記者に「抱きしめたい」と言われ…
【映画オタク記者のここが気になる】樹木希林、カンヌをゆく 仏記者に「抱きしめたい」と言われ…
その他の写真を見る (1/4枚)

 フランス南東部で開かれていた「第68回カンヌ国際映画祭」が閉幕した。その翌26日、女優の樹木希林に都内で会った。主演した河瀬直美監督の「あん」(30日公開)は「ある視点」部門のオープニング作品として上映され、スタンディングオベーションで歓迎された。そのときの様子をこう振り返る。

 「最後に(本編が)終わりましてタイトルが出たら、明るくなる前にサーッと逃げたいと思っていました。そうしたら拍手が始まりまして、河瀬さんがすてきなヨウジヤマモトの洋服を着てまるでバレリーナですね、私の顔を見たのでこっち来るんじゃないかなあと思ったら私の方に手を差し伸べたから勘弁してと。それぐらい恥ずかしかったですねえ」

 「あん」は、わけありな店長(永瀬正敏)が営むどら焼き店が舞台。粒あん作りが得意な徳江(樹木)が働き始め、常連客の中学生(内田伽羅)らと交流しているうちに、徳江がハンセン病患者だった過去が分かってきて客足が遠のいてしまう。

会員限定記事会員サービス詳細