スカイベリーの図形商標を登録 栃木県

 福田富一知事は26日の記者会見で、県産ブランドイチゴ「スカイベリー」の図形商標を登録したと発表した。商標登録は4月10日。

 図形商標は、大粒で美しいスカイベリーの形と、名前の由来の皇海(すかい)山(日光市)をモチーフにデザイン。県は図形商標のマークを活用し、効果的なブランド化を図りたい考えだ。マークは、スカイベリーの生鮮果実と、お茶や菓子、乳製品などの加工品に使用でき、無料。使用を希望する場合は、27日から県ホームページに掲載される管理要領を確認して、県に申請する。

会員限定記事会員サービス詳細