和光でホンダジェット一般公開 「国産エンジン、日本人の誇り」

 和光市広沢の市民文化センターで26日、小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」を開発したホンダの航空機エンジン4基の展示会が始まり、多くの航空機ファンらが訪れていた。6月1日まで。

 展示されているのは、ホンダが開発した当初のエンジンから最新のホンダジェットのエンジンまで4基。迫力ある実物のエンジンを興味深そうに見ていた川越市から来たバス運転手、近藤正美さん(64)は「ホンダが国産のエンジンを作っていることは、日本人として誇りだ」と話していた。

 ホンダが開発当初の航空機エンジンを一般公開するのは初めて。同市はエンジンを開発した本田技術研究所があり、同市の依頼で展示会が実現した。

会員限定記事会員サービス詳細