HIV感染者、26年は1546人

 厚生労働省のエイズ動向委員会は27日、平成26年に新たに報告された国内のエイズウイルス(HIV)感染者(確定値)が1546人(前年比44人減)で、過去3番目の多さだったと発表した。感染に気づかずエイズを発症した患者が455人、新規感染者が1091人。新規感染者は20代で増加しており、349人(同36人増)と過去最多だった。

 新規報告件数はここ数年、1500件前後で高止まりが続いている。