高木桂一の『ここだけ』の話

露「ビザなし交流中止」読めなかった外務省 対露外交やられっ放し日本は腹をくくれ

 日露両政府は5月18日、経済分野の次官級協議をモスクワで開いた。日本からは外務省で経済分野を担当する長嶺安政外務審議官、ロシアからは経済発展省のリハチョフ第1次官が出席し、極東開発や農業、医療分野などについて協議を行った。

 この次官級協議は3月に東京で開催されることになっていた。ところが、ロシア側が「経済発展省の幹部人事があった」という理由で一方的に延期した。その後もなかなか日程が決まらず、ついには「モスクワに来るなら、やってもいい」と言わんばかりに日本側を呼びつけたのだ。日露関係筋は「ロシア側の対応は日本の経済協力は要らないということだ」と指摘する。

 しかし、モノほしそうにノコノコとモスクワまで出向く日本側も日本側だ。プーチン大統領の年内来日実現への道筋を少しでもつけたいのだろうが、ロシア側に足元を見られるだけだ。

 昨年3月のウクライナ南部クリミア半島の併合後、増長を続けるロシアに対し、かくも日本は甘いのか。

 プーチン大統領が4月16日、停滞する北方領土交渉について「ロシアは日本側と対話する用意があるが、日本側の動きで事実上頓挫している」と述べ、日本に責任を転嫁した。プーチン大統領はウクライナ問題をめぐる日本の対露制裁が交渉を継続する環境を毀損していると言いたいのだろう。臆面もなく国際秩序に背を向けて「力による現状変更」を試みるロシアにそんなことを言える立場にないはずだが、日本側もおとなしい。

会員限定記事会員サービス詳細