向き合う力

文美月(2)43歳の帰化は「自らの意思」 人生初の衆院選投票 政治が「自分事」に変わった 

【向き合う力】文美月(2)43歳の帰化は「自らの意思」 人生初の衆院選投票 政治が「自分事」に変わった 
【向き合う力】文美月(2)43歳の帰化は「自らの意思」 人生初の衆院選投票 政治が「自分事」に変わった 
その他の写真を見る (1/2枚)

 大阪でヘアアクセサリーの製造・販売会社を起業した文美月さん(44)は43歳のときに日本国籍を取得し、日本に帰化した。昨年12月には、衆院選で人生初の「投票」も経験。さまざまなことが、ひとごとから自分事に変わっていく実感を得たという。

43歳で得た「ひとつの結論」

 海外に行くときに必ず通る出入国管理のゲートで、緑色(韓国)から赤色(日本)に変わったパスポートを見るたびに、祖父母の世代からの歴史が詰まっているのを感じます。

 私は43歳で一つの結論を出しました。長かったアイデンティティー探しの旅を終え、日本国籍を取得し、日本に帰化したのです。

 「文美月(ぶん・みつき)」という名で帰化したのですが、民族のルーツを残した帰化のケースはかなり珍しいといいます。多くの在日コリアンは通称名(通名)を使い、帰化する際にそのまま通名を本名にするケースがほとんどですが、私の場合は逆。もう15年以上も通名を使わず、「文」で仕事をしていたので、今更日本名で帰化するほうが不自然だったのです。

 友人からはこんな声が届きました。

 「名前変えない帰化って、あんまり意味ない気がするけど…」

 「別に、韓国籍のままでいいんじゃないの?」

会員限定記事会員サービス詳細