記憶の中に

「すまんね、頼むよ」 最強硬派最後の陸相阿南の意外な一言 阿南陸相との思い出 笠井正隆さん

【記憶の中に】「すまんね、頼むよ」 最強硬派最後の陸相阿南の意外な一言 阿南陸相との思い出 笠井正隆さん
【記憶の中に】「すまんね、頼むよ」 最強硬派最後の陸相阿南の意外な一言 阿南陸相との思い出 笠井正隆さん
その他の写真を見る (1/2枚)

 先の大戦で日本の無条件降伏に最後まで反対し、徹底抗戦を唱えたことで知られる終戦時の陸軍大臣、阿南惟幾(あなみこれちか)。戦時中、わずかな期間ながらも当番兵として仕えた元陸軍兵士、笠井正隆さん(93)=大阪府枚方市=にとって、「部下思いの穏やかな大将」という忘れられない存在だ。本土決戦を主張した果て自刃した事実上の「最後の陸相」。元部下は、最強硬派と言われた阿南の別の一面をそばで見ていた。(池田祥子)

 阿南は、敗色濃厚となっていた昭和20年4月、鈴木貫太郎内閣で陸軍大臣に就任。戦争末期のポツダム宣言受諾をめぐって徹底抗戦を唱え、国民に終戦が伝えられる直前の8月15日未明、「一死以テ大罪ヲ謝シ奉ル」と記した遺書を残し、割腹自殺を遂げた。

 「すまんね、頼むよ」。昭和19年、叱られるとばかり思っていた笠井さんは、阿南の思いがけない言葉に耳を疑った。

 当時フィリピンに赴任していた笠井さんは、3カ月間だけ臨時で、インドネシアやニューギニアを支配下に置く第2方面軍司令官を務めていた阿南の当番兵となった。

 当番になったばかりの頃、部屋を掃除し終えた後に灰皿を替えて、何度か吸い殻を持ち帰った。ただの吸い殻と思っていたが、ある日、阿南が吸っているのは葉巻で、「吸い殻ではなく、再び火を付けて吸うのだ」と、上司に注意を受けた。

 さぞ司令官はご立腹だろうと翌日、身が縮む思いで阿南の前に進み出た。厳しく叱責されるとばかり思っていたが、阿南からかけられたのは、予想外の穏やかな言葉だった。