記憶の中に

「すまんね、頼むよ」 最強硬派最後の陸相阿南の意外な一言 阿南陸相との思い出 笠井正隆さん

 笠井さんの当時の階級は上等兵。司令官の阿南とは「足軽と将軍ほど立場に開きがあった」。しかし、その後も阿南は一度も声を荒らげることがなかったという。

 笠井さんは、20歳だった17年1月に陸軍に入隊。満州に展開する関東軍第12特殊無線隊に配属された。初年兵時代、思い出すのは先輩兵から受けた数々のビンタだ。厳しい階級社会だった軍隊生活では、鉄拳制裁など上官から部下への理不尽な振る舞いは少なくなかった。

 「ようされました。なにかにつけて『眼鏡を外せ、足を開け、歯を食いしばれ』とくる」。今でも、テレビの大相撲中継で力士が激しい張り手を繰り出すたびに、びくっと体がすくむことがある。「嫌な思いが多かったですよ」。それだけに、阿南に仕えた3カ月間は、笠井さんにとって新鮮だった。

 笠井さんは戦後、阿南の壮絶な最期を知った。その激しさに「私の持つ閣下のイメージとは違う」と驚いた。

 阿南の最期には、陸軍トップとして強硬論を最後まで貫きながら、自身の死でポツダム宣言受諾後の陸軍の暴走をおさめようとしたという見方がある。

 笠井さんの脳裏からは恰幅(かっぷく)がよく、穏やかで親切だった大将の姿が、戦後70年を迎える今も、消えたことはない。

 【阿南惟幾(あなみ・これちか)】 明治20年生まれ。陸軍士官学校・陸大卒。侍従武官、陸軍次官、第2方面軍司令官などを経て昭和20年4月7日、鈴木貫太郎内閣の陸相に就任。「内剛外柔」「公正無私」とも評されるが、ポツダム宣言の受諾をめぐって、戦争継続を強固に主張。最終的には昭和天皇の聖断を受け入れ、鈴木首相に一連の態度をわびた上で自決した。阿南の自決で陸軍内部に強かった戦争続行論は沈静化し、暴発を回避したとされる。

会員限定記事会員サービス詳細