歴史事件簿

マレー沖海戦(下) チャーチル絶句させた英不沈艦撃沈…「大艦巨砲」から「航空主兵」へ、先鞭つけたのは皮肉にも日本だった

【歴史事件簿】マレー沖海戦(下) チャーチル絶句させた英不沈艦撃沈…「大艦巨砲」から「航空主兵」へ、先鞭つけたのは皮肉にも日本だった
【歴史事件簿】マレー沖海戦(下) チャーチル絶句させた英不沈艦撃沈…「大艦巨砲」から「航空主兵」へ、先鞭つけたのは皮肉にも日本だった
その他の写真を見る (1/6枚)

 3万5千人の兵を乗せてマレーに向かう日本軍の艦船を撃滅するため昭和16(1941)年12月8日夜、シンガポールを出たイギリスの最新鋭戦艦「プリンス・オブ・ウェールズ」を発見した日本海軍機は度重なる攻撃を仕掛けた末、撃沈する。イギリス首相も嘆かせるほどのあえない最期だった。日本の完全勝利に終わったこの戦いは、真珠湾攻撃とともに当時、大艦巨砲主義が主流を占めていた世界の軍部を驚かせ、来るべき航空戦時代のきっかけをつくった。

新鋭艦追撃戦

 「プリンス・オブ・ウェールズ」と「レパルス」の2隻の戦艦は日本海軍にとって、ハワイ・真珠湾のアメリカ戦艦以上の厄介な存在だった。特に「プリンス・オブ・ウェールズ」の主砲の砲弾は日本の同クラスの艦より遠くに飛び、装甲が分厚い。しかも逃げ足が速い。

 つまり新鋭戦艦と主砲の口径が同じ36センチ砲を持つ日本の艦では攻守ともに歯が立たない。40センチの口径を持つ「長門」級のみが互角に戦えるが、速度が新鋭戦艦よりも遅いのが弱点となった。

 このため艦隊がぶつかり合った場合、日本は数にものをいわせて小さい高速艦艇が夜闇に紛れて接近戦を挑むしかなく、それでも相当の犠牲を覚悟の上という悲壮感漂うものだった。

 とにかく日本側は周辺の艦船と合流しながら敵を追うが、悪天候でなかなか新鋭艦の姿をとらえることができない。そんな中、10日午前1時22分に海上を航行中の伊58潜水艦の前に突然1隻の艦艇が現れた。