世界を読む

デンマークで牛馬などとの性行為全面禁止 北南米では類人猿の人権論議 動物愛護規制さまざま

【世界を読む】デンマークで牛馬などとの性行為全面禁止 北南米では類人猿の人権論議 動物愛護規制さまざま
【世界を読む】デンマークで牛馬などとの性行為全面禁止 北南米では類人猿の人権論議 動物愛護規制さまざま
その他の写真を見る (1/3枚)

 世界のメディアが動物愛護に関する規制や法律をめぐる話題を盛んに伝えている。デンマークの議会では動物との性行為を全面禁止する法案が可決された。また、同じ類人猿なのに、オランウータンには人権があり、DNAでヒトと最も近いとされるチンパンジーにはないという司法判断が、それぞれ南米アルゼンチンと米国で下されたことにも注目が集まった。そしてチンバンジーと、イルカやクジラを同列に扱うべきとだの議論も出た。

■獣姦全面禁止へ

 今年4月、デンマークの議会が動物との性行為を禁止する法案を可決した。ロイター通信(電子版)が伝えた。日本人の感覚からすれば、「動物となぜ…?」と耳を疑う報道で、しかも法律で縛る必要があるのかと、あきれてしまう。

 同国では既に動物を傷つける恐れのある性行為が禁止されていたが、懲役や罰金などの罰則規定がなかったため、動物の権利が十分に保護されないとして、愛護団体が規制強化を求めていた。

 欧州では既にドイツやノルウェー、スウェーデン、英国などで動物との性行為が禁止されているが、そうした国々から動物との性行為を目的とした観光客らが法整備が手薄だったデンマークに集中し、社会問題になっていた。実際、動物売春宿なるものが同国にあり、ウマやウシなどと日本円で1万円程度で性行為ができるとして、欧州各国から多くの愛好者たちが訪れるのだという。