韓国・朴大統領、ユネスコ事務局長にも日本批判 「歴史に目を背け遺産登録を申請した」

 【ソウル=名村隆寛】韓国の朴槿恵大統領は20日、訪韓中の国連教育科学文化機関(ユネスコ)のボコバ事務局長との会談で、日本が目指す「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産への登録に反対する考えを伝えた。

 朴氏は「日本が一部施設で非人道的な強制労働が行われた歴史に目を背け、世界遺産への登録を申請した。世界遺産条約の精神に背き、不必要な対立を招く」などと語った。

 朴氏が公式に日本の世界文化遺産登録の問題に触れたのは初めて。ボコバ氏は、朴氏の主張に対し、「世界遺産委員会に伝える」と答えたという。