ヤミ金に通帳2万5千円で売り渡す 男を詐欺容疑で逮捕 奈良

 第三者に譲渡する目的で金融機関の口座を開設したとして、奈良県警五條署は18日、詐欺容疑で同県五條市田園の無職、多田悦(えつ)朗(お)容疑者(57)を逮捕した。「ヤミ金から借りた金を返すためにやった」と認めている。

 逮捕容疑は昨年3月5日、譲渡目的で同市内の金融機関で自分名義の口座を開設し、通帳とキャッシュカード各1枚をだまし取ったとしている。通帳は金を借りたとするヤミ金に2万5千円で売り渡していた。

 同署によると多田容疑者は昨年10月下旬、本人名義の別の金融機関の口座から金を引き出そうとしたが凍結されていたため、金融機関経由で同署に相談し、事件が発覚。口座は鳥取県警から「犯罪収益に使われている可能性がある」と連絡を受けた金融機関が凍結していた。調べに対し、「6つの金融機関で口座を開設した」とも供述しており、同署で余罪があるとみて調べている。

©2020-2022 The Sankei Shimbun. All rights reserved.