主張

活断層の可能性 「否定できず」は禁じ手だ

 またもや「可能性は否定できない」という論理の横行である。

 石川県の能登半島に立地する北陸電力志賀原子力発電所の敷地内を走る破砕帯(断層)について議論していた、原子力規制委員会の専門家調査団が示した見解だ。

 原子炉建屋の下を通っていることなどで焦点となっている破砕帯について「断層の活動を示す証拠は見つかっていない」としつつも「活断層の可能性は否定できない」とした。

 今回の結論は、次回会合で正式にまとめられる見通しだが、活断層の烙印(らくいん)を押されるとその上に建つ原発は廃炉を余儀なくされてしまう。極めて重い判断である。

 志賀原発には1、2号機があって、破砕帯の1本が1号機の原子炉建屋の下を走っている。専門家調査団が、この破砕帯の今後の活動を懸念する根拠は、北陸電力から提出された同原発建設当時の破砕帯の姿のスケッチだ。

 一見、段差があって断層が動いた結果のような印象を与えるが、北陸電力は、岩が波で削られても同様の形が生まれ、原発西側の海岸にもそうした形状が数多く存在しているなどと反論している。

会員限定記事会員サービス詳細