メガプレミアム

『ワンピース』→『ワピース』? 中国も青くなる韓国のパクリアニメ…それでも侮れぬコンテンツ輸出力

【メガプレミアム】『ワンピース』→『ワピース』? 中国も青くなる韓国のパクリアニメ…それでも侮れぬコンテンツ輸出力
【メガプレミアム】『ワンピース』→『ワピース』? 中国も青くなる韓国のパクリアニメ…それでも侮れぬコンテンツ輸出力
その他の写真を見る (1/5枚)

 韓国政府がアニメーションとキャラクター産業の育成に本格的に乗り出し、世界的な人気やコンテンツの豊富さから「アニメ大国」と称される日本を、質の面でキャッチアップしようともくろんでいる。ただ、韓国内で人気を博しているアニメやキャラクターは日本の人気作品と類似したものが多く、クリエイターたちの実力には疑問符がつく。韓国内からでさえ、自国のアニメ産業の先行きには悲観的な声が上がる。もっとも、韓国は日本を含むアジア各国でドラマや音楽などの韓流ブームを巻き起こした実績を持ち、コンテンツの発信力は決して侮れないだけに、日本のアニメ産業や政府も傍観しているわけにはいかない。

アニメ産業育成に400億円余りを投入

 韓国の大手紙、中央日報電子版によると、韓国政府の文化体育観光部は2月26日、「キャラクター・アニメーション産業育成の中長期計画」を発表。2019年までに3800億ウォン(約413億円)をかけ、競争力のある産業に育てる方針を打ち出した。投資・支援の内訳はアニメーション分野に2000億ウォン、キャラクター分野に1300億ウォン、専門投資ファンドに500億ウォンという。

会員限定記事会員サービス詳細