映画「国際市場で逢いましょう」 庶民目線で描く先人の苦労

 本作は、韓国でこれまでに1400万人超の観客動員を記録。同国映画史上歴代トップに迫る勢いだ。ユン監督は前作の「TSUNAMI-ツナミ-」(2009年)でも動員1千万人超を記録しているヒットメーカー。「一つは『運が良かった』こと。もう一つは『庶民の視線』で描くこと。何しろ私自身が根っからの庶民ですからね」と笑顔を見せた。

会員限定記事会員サービス詳細