【スポーツ異聞】美女の顔にシャンパンかけ 「性的差別」と批判浴びる「世界一速い男」(4/4ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

スポーツ異聞

美女の顔にシャンパンかけ 「性的差別」と批判浴びる「世界一速い男」

 これに対しハミルトンは「意図的に速度を落とし、ほかのマシンを邪魔することはしていない。自分の仕事に集中していただけだ」と主張を一蹴した。F1で世界王者に3度なったメルセデスのニキ・ラウダ氏は「ルイスがポールポジションを獲得し、最初から最後までレースをコントロールした。それ以上言うことはない。だから口論などする必要はない」と、チーム分裂を回避しようとして事態の沈静化に努めた。

 ライバル同士の2人。昨季のベルギーGP決勝では、2周目にロズベルグがハミルトンのリアタイヤに接触し、ハミルトンがリタイア。ロズベルグは2位に入ったが、表彰台でブーイングを浴びた。チームはロズベルグに高額な罰金を科した経緯がある。