大山のぶ代さん認知症闘病 夫の砂川さんが明かす

 アニメ「ドラえもん」の声で知られる女優で声優、大山のぶ代さん(78)が認知症を患い、闘病していることが13日、分かった。夫で俳優の砂川啓介さん(78)が、同日放送されたTBSラジオ番組「大沢悠里のゆうゆうワイド」で明らかにした。

 砂川さんによると、大山さんは少し前から得意だった料理ができなくなったり、自分で入浴できなくなったりするなど認知症の症状が出始めたという。現在は砂川さんらのサポートを受け、自宅で療養している。大山さんは平成20年に脳梗塞を患っており、砂川さんは番組内で、「脳梗塞の後遺症だと思い、(病気に)気づかなかった」と話した。