加藤茶、「パーキンソン症候群」だった…現在は体調安定(2/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

加藤茶、「パーキンソン症候群」だった…現在は体調安定

 2006年に大動脈解離の手術を受けて以降、複数の薬を服用していたという加藤。震えの原因について「その一つの薬が合わなかった」と説明し、手足の震えや筋肉の硬直などパーキンソン病と似た症状が起こるパーキンソン症候群と診断されたことを告白した。

 現在、体調は安定しており、先月21日には夫妻でイベントに登場し、元気に加トちゃんぺのポーズを決めていた。