経済裏読み

早慶に今年も圧勝…志願者数「日本一」の近大…偏差値信仰の岩盤を崩す次なる一手

【経済裏読み】早慶に今年も圧勝…志願者数「日本一」の近大…偏差値信仰の岩盤を崩す次なる一手
【経済裏読み】早慶に今年も圧勝…志願者数「日本一」の近大…偏差値信仰の岩盤を崩す次なる一手
その他の写真を見る (1/2枚)

 一般入試の志願者数で近畿大学が2年連続で日本一となった。卵からの完全養殖に成功した近大マグロの知名度が全国区になった影響はあるが、専門家は「改革力と広報力の高さが際立つ」と指摘する。アカデミズムの世界には「大学が商売なんて…」とする批判が根強いが、「稼ぐ大学」という偏差値以外の価値観を持ち込み、志願者増につなげている。(松岡達郎)

完全ネット出願の草分け

 受験情報雑誌の出版を手掛ける大学通信によると、今春の一般入試で近大の志願者数は前年比7814人増の11万3704人。2位の明治大学が同190人増の10万5702人となり、差を前年の約400人から広げた。

 ちなみに3位の早稲田大学は同1930人減の10万3494人。4位の日本大学は同2466人減の9万4373人。以下は、法政大学、立命館大学、東洋大学、関西大学へと続く。

 近大の志願者増の理由について大学通信の安田賢治ゼネラルマネジャーは「改革力と広報力の高さが他の大学と比べて際立つ。改革とともに、その内容や研究成果を広報で見える化し、受験生や親だけではなく、社会に訴えている」と評価する。

 受験関連の改革としては近大は前年の入試から、全国で初めて完全ネット出願を導入した。願書出願では毎年、約100トンの書類セットを準備していたが、その4分の1程度が未使用のまま廃棄されていたことを踏まえ、紙を無駄にしない「エコ出願」としてアピール、認知度を高めた。

会員限定記事会員サービス詳細