全国一の納付率目指せ 奈良の「せんとくん」ら自動車税期限PR

奈良県のマスコット「せんとくん」らが自動車税の納付を呼びかけた=10日、京都府木津川市のイオン高の原店
奈良県のマスコット「せんとくん」らが自動車税の納付を呼びかけた=10日、京都府木津川市のイオン高の原店

 自動車税の納期限である6月1日を前に、奈良県と京都府は10日、イオン高の原店(京都府木津川市)で、期限内の納付を呼び掛ける啓発イベントを行った。会場には奈良県のマスコットキャラクター「せんとくん」らが駆けつけ、買い物客にPRした。

 法人数が少なく、県外消費率が高い奈良県にとって、自動車税は貴重な自主財源の一つ。県によると、今年度の県の自動車税の収入予算額は約152億円に上り、県税収入の13・7%を占めるという。

 奈良県では納付率全国1位を目指しているが、昨年度の納付率は86・6%で惜しくも全国2位。今年度は県内のコンビニエンスストアとも連携し、全国トップを狙う。

 イベントでは、納期限を知らせるティッシュが配られたほか、自動車税のクイズなどが行われた。奈良市芝辻町の会社員、角藤展久(のぶひさ)さん(40)は「つい忘れがちなので、こういうイベントで気づかせてくれるのはいいと思う」と話していた。

会員限定記事会員サービス詳細