九転十起の女(11)

三井のお屋敷で運命自覚した13歳 「哀れな結婚」でドラマは急展開…

 そのお屋敷で浅子が自分の運命を自覚したのは13歳。読書を禁じられた年だった。「一週一信」にこう書いている。

 「今日の言を以て云へば自覚した私が、感ずる事多かりし両三年は夢の間に過ぎて、十七歳の春を迎へました。此の年予ての婚約なればとの事に広岡家に嫁がなければならぬ事となりました。何事も人に運命を作られて行く女の哀れな境遇を、一層痛切に感じました」

 ところがこの哀れなる結婚が浅子の運命を急展開させてゆく。  (石野伸子)    =敬称略、(12)に続く

会員限定記事会員サービス詳細