映画オタク記者のここが気になる

「女形が本当に嫌い」早乙女太一は悩める男…ゲキ×シネ「蒼の乱」公開で心境を激白

 取材した印象から先に言うと、彼は悩める男だった。福岡県北九州市出身で、両親は劇団員。4歳4カ月で初舞台を踏み、10歳を過ぎて女形を演じ評判になる。「流し目王子」と呼ばれ、その美貌と妖艶(ようえん)さで多くの人々を魅了した。だが、「男らしい役をやりたいと思っていたのでは?」と尋ねると「思っていました。女形が本当に嫌いでした」と明かした。

 女形というと、北野武監督の映画「座頭市」(2003年)で演じた芸者姉妹の妹(弟)、おせい役が印象深い。「座頭市」のころは「覚えていない」という。「武監督のすごさも知らないし、『(奇跡体験!)アンビリバボー』(フジテレビ系のバラエティー番組)の人という認識でした」と笑う。「そのころから男役をやりたかった?」と聞くと「自分が一番嫌いな女形が一番求められていることがやっぱり悔しかった。女形じゃないものでも人が見に来てくれるように技を磨かないと、と思っていました」と述懐する。

会員限定記事会員サービス詳細